親の土地を相続的譲渡で注文住宅を建てる、

結婚して所帯を持ってからもう既に大分経ち、子供たちも3人になって家族も5人と増えてしまいました。 今までの暫くの間は3DKのアパート暮らしでしたが、いよいよ子供たちも大きくなってマイホームが現実のものになりました。 そんな状況も有って上さん(妻)とも色々と住居に関して相談した結果、一発奮起してマイ住宅を建てる事にしました。 

勿論、マイ住宅、注文住宅というのは土地が無ければ建ちませんが、土地のほうは何とか親の土地を譲ってもらう(相続的譲渡)ことで、了承したのでした。 其の注文住宅というのは自分たちのなけなしの資金と、近くに住む実家の両親の多少の援助も含めて、不足分は住宅ローンを使用しました。 

私鉄沿線の一戸建ての注文住宅を建てるに当っては、地元の不動産屋の仲介で地元の工務店を紹介してもらい、其方で建てる事にしたのですが、場所的には比較的日当たりなど立地は良く、そして、駅から歩いて30分以内、バスで10数分程度の便利さも良く、ソコソコの良好な環境状態と思っております。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*