新築なら注文住宅で好みの空間づくりを

一生の中で一番大きな買い物と言っても過言ではないのが住宅です。
ずっと暮らし続ける大切な家ですから、できることなら自分の理想に近づけたいと注文住宅にしました。
映画や音楽、本が好きなので、ある程度の音量を出しても大丈夫な空間と、備え付けの本棚が欲しかったのです。
予算的にはなかなか厳しいものがありましたが、どうせ建てるのならということで決断しました。
設計は建築士さんに協力してもらいながら、防音設備をしっかりと整えて、映画や音楽を楽しめる空間を確保。
本棚も壁と一体化して、室内が狭く感じない収納となる様に設計してもらいました。
おかげで、建売住宅では不可能な、この世にただ1つの自分好みの一戸建てを手に入れることができたのです。
それまでのマンション暮らしとは異なり、映画や音楽を音響と音量を効かせて楽しむことができるようになりました。
本棚もすっきりとして落ち着き、余計な家具が減ったので、自画自賛ですが空間との調和が取れていて美しいです。
今まで以上に家で過ごすのが楽しくなり、家族と一緒に過ごす語らいの時間も増えました。
新築住宅を検討しているのなら、やはりこだわりを持って、ぜひ注文住宅にすることをオススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*