注文住宅だからコンセントの差込口は多めで

注文住宅を建てる際にこだわったのは、コンセントの差込口です。位置ももちろんこだわりましたが、コンセントの差込口の数には大いにこだわりました。「コンセントの差込口はとにかく多めで!」といったように。

ですから「コンセントの差込口にこだわった」というよりは、「コンセントの差込口の数をとにかく多く」というところにこだわったと言えるかも知れませんね。すでにマイホームを建てていた友達に聞いても、アドバイスのなかには絶対と言っていいほどに「コンセントの差込口は多めに!」というものがありますからね。それだけ生活をするにあたって、コンセントの差込口って大事なんでしょう。

注文住宅なわけですから、壁の真ん中にだって天井や床にだって、コンセントの差込口を自由につけてもらうことができるわけです。ですからもちろん、コンセントの差込口の数は多めにしてもらいましたよ。延長コードを使えば問題ないとはいえ、コードが長くたくさん出ているのって、見た目が気持ちよくないじゃないですか。ですからコンセントの差込口を多めにしておいて良かったと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*