注文住宅なので暖房を電気灯油の両方採用

注文住宅を建てる時にこだわったのは暖房設備です。わが家はオール電化なわけですが、すべてを電気ストーブにしなかったのです。なぜかというと、停電のことを考えてのことです。そして一部を灯油ストーブにしました。

わが家は本州でも寒い方の地域ですから、冬場の暖房は必須です。常に暖房を入れていないと凍るぐらいに寒いのです。ですからこそ、一戸建て住宅において暖房はとても大切なんです。その暖房を電気にするか、灯油にするかは、この辺の家づくりにおいても大きなテーマだと言えるでしょう。

そしてわが家は両方にしたのです。メインは電気ストーブなんですが、灯油を使った大きめストーブも入れました。電気ストーブは温度を一定に保つのはいいのですが、「一気に温める」という点においては弱いんです。ですからリビングには灯油ストーブも置いて、朝なんかは一気に温めるようにしています。

すべてを電気ストーブにするよりも、お金はかかりましたけれど、しかし先日も停電があった際に、両方入れたことに感謝しましたので、これでいいやと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*