注文住宅のこだわりはバスルーム空間にあり

注文住宅を建てる際にこだわったのは、バスルームです。もちろんバスルーム設備にもこだわりましたが、設計にもこだわりました。

浴室と脱衣所、それに洗面スペースと、トイレとを一続きにした空間にしたかったのです。もちろん、浴室とトイレは壁で仕切られていますよ。旦那はホテルのようにすべてが一室の空間でもいいと、わりと強めに主張してきましたが、しかし私が断固としてつっぱねました。だってトイレが仕切られていないっていやですもん。ホテルはいいとして、マイホームにおいては絶対に絶対にいやですよ。

しかし、浴室と脱衣所と洗面スペースとトイレとを一続きにする空間には賛成でした。注文住宅でマイホームを建てますから、ですからそこは主張させてもらいました。そしてなんてことなく、バスルームは思うような設計になったのです。

こだわって良かったです。だって今、快適ですもん。子供達にしても、お風呂に入るために服を脱いだ後でも楽にトイレに行くことができるので快適です。このスペース外にトイレがあったら、誰かに会う心配をしながらトイレにダッシュしなくてはなりませんからね。もしくは服をもう一度着るか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*