注文住宅でこだわったポイントは「機能性」

注文住宅を建てる際にこだわったポイントは「機能性」です。デザインや間取りも、注文住宅を建てるにあたって、もちろん大事なこだわりポイントではあります。しかし私たち夫婦は、「機能性」をベースにマイホームを設計していったといえるでしょう(実際に設計したのは設計士さんですが)。

まず、空調管理のしやすい家にしたくって、オール電化にしました。省エネとか電気代の安さ云々ではなくて、私たちの場合は「管理のしやすさ」に惹かれて、オール電化にしたのですよね。今ではガスと比べて、電気代はそこまで安いわけではないと言えるでしょう。しかしながら、オール電化は管理がしやすいところが魅力で、私たち夫婦も選びました。

次にメインフロアの壁の数を減らしました。当初は、階段も壁で仕切っていたのですが、結局リビング階段にしました。スペースの節約と、また空調管理の目的もあります。細々と壁で仕切るよりも、空間をつなげる方が、どこも温度が一定になりますからね。もちろん個人の各部屋は壁で仕切っていますけれど。

設備選びにおいても、機能性を重点において選んでいます。ですからまずは、注文住宅でこだわったポイントは「機能性」だと言えるでしょう。