新築一戸建て住宅を建てようと思ったタイミングとは

子供の頃は一軒屋で生活をしていたので、結婚後に集合住宅生活をするようになり、大変不便だと感じる様になりました。
不便な点は、下の階に住む住民に気を使い、時間を問わず歩き音を出さない様にしたり、独身時代から趣味だった音楽も大きな音で聞けなくなったりと、何かと精神的なストレスを感じる日々でした。

集合住宅で生活中に子供を授かったのですが、二人目の子を妊娠したタイミングで、夫より、家を建てようか?と相談がありました。
勿論夫婦で話しあい、互いの両親に意見を求めると、子供が小さいうちに家を建てれば、子育てするにストレスが無くなるから、家を建てるなら今だという意見を言われて、このタイミングを逃したら家を建てることが億劫になると思ったので、家を建てる決断をしました。

実際に新築住宅の一戸建て生活が始まると、子供の声や足音が以前の様に気になる事も少なくなり、どんな時間帯で自由に洗濯機を回して、お風呂に入れる自由な生活がストレスを軽減させてくれました。